子どものわきがはこうやって気づける!おすすめの気づき方

子どもが「わきが」かどうかってなかなか気づけない方がいます。

確かに今まで嗅いだことのない臭いだった場合、

これが本当にわきがかどうか疑わしいところですね。

 

今回は子どものわきがの気づき方についてご紹介します。

子どものわきがの気づき方① 服の黄ばみ

子どもがわきがかどうかを気づく

最も簡単な方法は服の黄ばみです。

 

 

わきがの原因であるアポクリン汗腺から出る汗は、

白濁色でベトっと粘っこい特徴があります。

その汗がシャツに付着して乾くと黄色く変色するのです。

 

 

もし、自分の子どもがわきがであれば、

アポクリン汗腺が密集しており、活発になっている

脇の下の黄ばみがかなり濃いはずです。

そして、臭いも強烈だと思います。

 

 

ただ、黄ばみだけだと運動を良くしている子どもや

何日も服を洗っていなかったら、黄ばみが進みますので、

それ以外にももう1つ判断材料があります。

 

 

子どものわきがの気づき方② 耳掃除

子どものわきがを気づくには耳掃除をしてあげましょう。

耳掃除でわきがなんてわかるの?っと疑問に思う方も

いらっしゃるかと思いますが、実はアポクリン汗腺は

耳にも密集しているのです。

 

そして、常に汗をかいているのですね。

 

 

なので、わきがの子どもの耳垢は常に湿っているのです。

 

 

わきがでない場合は、乾いた耳垢がとれるはずですが、

わきがの子どもの場合は、湿ってベトッっとした耳垢が

とれるはずです。

 

 

ただ、このときに注意してほしいのが、

お風呂上りにしないこと』です。

 

 

お風呂上りだとどうしても耳垢が湿っているので、

本当にわきがなのかどうかが判断できません。

 

 

これだけに注意して耳掃除をすると一発で

わきがかどうかが判断できますので、

ぜひ、一度トライしてみてください。

 

 

もし、わきがだと分かったときは、

すぐにでも対策を始めることをお勧めします。

 

 

なぜ、すぐにわきが対策をする必要があるかというと、

こういうことなんですね。

わきがはいじめのターゲットになる?

 

 

だからこそ、自分の子どもを守るためにも

すぐにでも対策を講じる必要があるのです。