小学生のわきがで手術をしてはいけない理由

小学生でわきがの症状が出ている子が増えてきていますが、

小学生などの子どものわきが治療で手術をしてはダメなのですね。

なんで、手術をしてはダメなのでしょう?

わきがで悩む小学生が手術をしてはいけない理由

hikikomori_toukoukyohi

小学生でわきがが増えてきています。

親世代としては早く治療してあげたいと思いますが、

わきがというとイメージ的には手術だと思います。

 

 

電車内の広告でも「わきがなら○○クリニック!」などと

デカデカと出ていますから、そのイメージがあって当然ですね。

でも、小学生など子どもは手術は避けた方が良いのです。

 

 

なぜ、小学生の手術は避けた方が良いのかというと、

小学生はまだ成長途中にあります。

身体が成長しきっていない段階で手術をしても

何も意味がなくなる場合があるので、オススメできないのですね。

 

 

わきが手術は脇の下に無数にあるアポクリン汗腺を

取り除いたり、レーザーで破壊するものなのですが、

子どものときに汗腺を取り除いたとしても、

大人になってから隠れていた(成長しきっていない)汗腺が

大きくなって、出てくるかもしれないからです。

 

 

そうなると、手術をした意味が全くなくなってしまいます。

わきが手術は保険適用できる病院だと4万円程度で

手術を受けることができますが、

見た目を綺麗にしてもらうには美容外科で手術をしてもらう必要があり、

その場合は、保険適用できないことが多いです。

 

 

美容外科の一般的な手術費用は30万円前後ですので、

もう1回わきが手術を受けるとなると、かなり負担を強いられますね。

 

 

なので、小学生のときにはわきが手術は避けた方がいいのです。

 

 

小学生や子どもには手術ではなく、クリームで対策を!

小学生や子どもにはわきが手術ではなく、

わきが対策クリームで対策をしましょう。

 

 

わきが対策クリームなら誰でも気軽に対策ができるので、

人気が高く、今では、わきがではなくても脇の臭いが

気になっている女性を中心にユーザーが伸びています。

 

 

その中でも最も売れているのがこちらですね。
Lapomine

 

ラポマインなら子どもでも使えますし、

長い時間持続するので、

学校に行っている間は安心して過ごせます。

 

 

子どもが毎日生き生きとして学校に行っている姿を

見るためにもラポマインを使ってみてはどうでしょうか?

 
<<ラポマインの公式サイト>>
<<なんで、ラポマインは小学生に人気なのか?>>